ポンプとは

ポンプガイドサイト

ポンプとは、圧力をかけて液体や気体を吸い上げたり送ったりする機械です。

サイトトップ > ポンプとは

ポンプとは

ポンプは、英語ではなくオランダ語からきている言葉です。

まだ水道が設備が整う前は、井戸水をくみ上げていましたよね。

そのくみ上げる際に使っていた、レバーがついて上下に動かすと井戸水が出てくる機器、目にしたことがあるでしょうか。

これはまさしくポンプです。

つまりポンプとは、圧力を作用させて、液体や気体を吸い上げたり送ったりする機械のことです。

こう書くと難しくなってしまいますが、例えば、冬、ストーブに灯油を入れたいとき、灯油缶からストーブの灯油ボックスに灯油を足しますよね。

この時に利用しているのも、ポンプの一つです。

ですから、ポンプは日常的に私たちの生活の中で利用されているものということですね。

ポンプを利用すると、灯油を移し替えるように液体を低いところから高いところへ運ぶこともできますし、圧力が低いものを高い方へと高めることもできます。

さらにポンプでわかりやすいのが、私たちの心臓ですね。

心臓は動物が持っている自然のポンプとしてたとえられます。

体の隅々にまで血液を供給できるよう、心臓は血圧を発生させ、それを維持させています。

心臓がバクバクと動いているのは、血液を送り出しながら圧力をかけている、まさにポンプの働きをしているというわけです。

[関連サイト]ポンプ情報

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加